カンボジア・プノンペン|海外不動産の販売

電話番号電話番号
お問い合わせ
トップ会社概要不動産セミナー収益不動産の販売不動産の仲介国内投資家への海外不動産の販売お問い合わせ
トップ会社概要不動産セミナー
収益不動産の販売不動産の仲介国内投資家への海外不動産の販売

国内投資家への海外不動産の販売

スタイルアジアンインベスター当社が提案する海外不動産投資

~第2弾~ カンボジア(プノンペン)

カンボジア・プノンペンの不動産投資


絶妙な立地で可能性を秘めたASEAN諸国

EURO、NAFTA、TPPなど他の経済統合体5億人前後の人口であるのに対して、
ASEAN地域は6億を超える人口で経済成長率も高い水準で推移。
さらに、中国・インドの中間で日本にも近いという地の利から、
今後の世界経済をリードする存在として期待されています。
この状況をより推進すべき、貿易環境を構築し物流の大動脈を誕生させるアジア版のEUとして期待される
「ASEAN経済共同体(AEC)」が2015年12月31日に発足しました。


日本の経済成長と比較したASEAN諸国の現状

過去の日本の経済成長のグラフと、現在の状況を比較すると
ASEAN諸国は今後も成長の可能性が高い地域だという事が明確にわかります。
その中でもカンボジアは後発国であり、今後の発展が期待できる国。
高い経済成長率と人口ボーナスに加えて、その将来性を見越して世界中の企業が進出。
それらを把握し、早期の投資が有効と考えられます。

物件のパース


米ドルが流通通貨であり、賃料収入や売却益も全て米ドルで得られる

カンボジアでは現地通貨であるリエルよりも米ドルが実質的な通貨として流通しており、
銀行でも米ドルによる取引が一般的。
東南アジアでありながら信用度の高い米ドルによる決算や賃金送付が可能となることも投資を行う上での
大きなメリットです。


資金送金が容易

米ドルを流通通貨にする事と、諸外国からの直接投資で外国資本を取り入れる政策で急成長を続けるカンボジア。
その政策を推進する為に送金規制が比較的まだ緩く、投資や資金送金・回収も容易となっている。
利益回収がスムーズに行える点や運用をスピーディーに行える点もカンボジアで不動産投資を行うメリットです。


高い成長率が魅力、カンボジアのGDP

カンボジアのGDP


労働者となる若者の人口比率が高いカンボジア

労働者となる若者の人口比率が高いカンボジア


低価格の投資しやすい市場

低価格の投資しやすい市場


非居住者の外国人でも所有権を持つことが可能

非居住者の外国人でも所有権を持つことが可能


販売価格

部屋数 向き ㎡数 価格(ドル) 価格(円)
1Bed 59.3 133,500 14,418,000
1Bed 69.7 145,800 15,746,400
1Bed 65.8 148,900 16,081,200
2Bed 97.7 184,800 19,958,400
2Bed 100.0 182,200 19,677,600
2Bed 109.8 201,400 21,751,200
2Bed 100.0 195,400 21,103,200

※販売価格に家具・家電が含まれております。
※1USD/108円の場合で計算しています。

タイプごとの募集賃料


間取りタイプ例


現地地図


問い合わせ先

シミュレーション・融資情報など詳細は、下記までお問い合わせください。
06-6556-7147

メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ
無料セミナー

中古マンション投資のすすめ

カンボジア(プノンペン)

Instagram


経営理念
会社概要
収益不動産の販売
不動産の仲介
国内投資家への海外不動産の販売
マンション経営の仕組み
中古マンション投資とは
マンション経営のメリット・デメリット
登記までの流れ
不動産セミナー
営業ポリシー
個人情報保護方針
採用情報
お問い合わせ

リブロ不動産キャリア

活気づく大阪で中古マンション投資