マンション経営のメリット・デメリット

電話番号電話番号
お問い合わせ
トップ会社概要不動産セミナー収益不動産の販売不動産の仲介国内投資家への海外不動産の販売お問い合わせ
トップ会社概要不動産セミナー
収益不動産の販売不動産の仲介国内投資家への海外不動産の販売

マンション経営のメリット・デメリット

マンション経営のメリット・デメリット

マンション経営は、資産運用として高い利回りを期待できますが、
その反面、失敗すれば借金が残るリスクもあります。
マンション経営におけるメリットとデメリットをご紹介いたします。


マンション経営のメリット

1.老後対策

年金がもらえるかどうかなど老後の生活資金に不安を抱く人は8割を超えていると言われています。
マンション経営により、長期的・定期的な家賃収入が入り、老後の私的年金にもなります。

2.少額資金でスタート

不動産の購入は、一般的に金融機関の融資を受けて購入するため、初期投資額が少なくても始めることができます。
少ない自己資金で不動産投資を行い、大きな資産運用を可能にすることができます。

3.生命保険

ローン契約時に団体信用生命保険に加入しておけば、事故や病気などで住宅ローンが払えなくなっても
保険で住宅ローンが支払われます。 ご家族に不動産と家賃収入を残すことができます。

4.節税対策

マンション経営を行うことで、建物部分のローン金利や減価償却費などの必要経費が認められることになります。
サラリーマンの場合は、給与所得と不動産所得を合算して確定申告できるため、
給与所得だけの時より節税できることになります。

5.インフレに強い

物価が上昇して、通貨の価値が下がってしまった場合でも
マンション経営はインフレに合わせて価値が変動する実物投資であるため、インフレ対策としても有効です。


マンション経営のデメリット

1.賃料下落・空室リスク

空室が多いほど、家賃収入は減少します。
地域のニーズを把握し、適切なマーケティングを行うことで、空室のリスクを回避することができます。

2.金利上昇

変動金利を利用してマンション経営を始めた場合、金利が上昇するとローン返済額も上がってしまいます。
金利変動も考慮し、固定金利での融資を受けるなど余裕を持った資産計画を立てることが大切です。

3.災害

火災や地震などの自然災害で、建物が倒壊してしまうリスクがあります。
火災保険や地震保険など、保険にはしっかりと加入しておきましょう。

4.その他コスト

リフォーム費用や建物修繕費などコストが発生し、老朽に伴うコスト上昇もリスクになります。
また、固定資産税などの税金も発生します。

メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ
無料セミナー

中古マンション投資のすすめ

カンボジア(プノンペン)

Instagram


経営理念
会社概要
収益不動産の販売
不動産の仲介
国内投資家への海外不動産の販売
マンション経営の仕組み
中古マンション投資とは
マンション経営のメリット・デメリット
登記までの流れ
不動産セミナー
営業ポリシー
個人情報保護方針
採用情報
お問い合わせ

リブロ不動産キャリア

活気づく大阪で中古マンション投資